酒類の輸送は
日本航運に
お任せください。

破損リスク軽減 × 運送コスト削減 × 仕入先紹介

  • Point 1

    指定倉庫へ荷物を
    お送りいただくだけ

  • Point 2

    輸出入に必要な書類作成を
    完全サポート

  • Point 3

    お客様に最適な
    輸送方法の提案

  • Point 4

    きめ細やかな気遣いで
    酒類の輸送も安心

その他ご要望も随時受け付け中!
まずは気軽にお問い合わせください。

NEWS

お知らせ

お探しのものが見つからないようです。検索すると良いかもしれません。

もっと見る

SERVICE

サービスの特徴

  • 輸出入に必要な
    書類作成をサポート

    レシートや購入した品物の詳細をいただくだけで、通関に必要な書類を作成いたします。

  • お客様に合った輸送を
    第一に考える

    通常、貨物の輸送を行う際に、お客様自身が航空で送るか、海上で送るか等を検討した上でご依頼されると思います。
    弊社では貨物の内容をご連絡いただければ、どのような手段で輸送するのが最適かをご提案させていただきます。

  • 貨物を見る

    従来は通関書類、貨物搬入、倉庫担当者の対応範囲が明確に分かれているため、荷姿を確認することなく書類上での手続きで済まされてしまいます。
    弊社はそれぞれ担当者間に隔たりが無いため、実際に荷姿を確認し、万全の状態でお客様の元へお届けすることが可能です。

  • 貨物の追跡

    集荷、空港搬入、輸出処理、輸入処理、飛行機搭載、現地到着、倉庫到着、お客様先到着のタイミングを随時お知らせいたします。
    お問合せいただいた際には、その都度お調べいたします。

その他 生鮮・魚介の輸送も
お任せください。
仕入先のご紹介も可能です。

その他ご要望も随時受け付け中!
まずは気軽にお問い合わせください。

VOICE

お客様の声

  • イメージ

    Case 1

    お酒を1ヶ月に約100本以上輸送しており、
    輸送費と酒税だけで約$3,000かかっていた。
    NPKに切り替えたところ$2,500になった。
    今までは海上で運ぶために仕入先の横浜から九州の港まで国内輸送していたが、NPKは羽田営業所に届けたお酒をそのまま飛行機に載せてもらえる為、結果コストダウンに繋がった。
    また、空輸に切り替えたことで季節もののお酒を持ってこられるようになった事もメリットとなった。

    イメージ
  • イメージ

    Case 2

    今までは特に出荷前の状態は確認しておらず、そのまま出荷していた。
    そのため、毎回では無いものの100本中2本程度(ロス約2%)が割れていた。
    しかし、NPKに変えてからは日本出荷時点で梱包が脆弱であれば指摘、箱数が多い時等はパレット積みの提案をいただけるので破損リスクはほぼ無くなった。

    イメージ
  • イメージ

    Case 3

    変更してからの一番のメリット
    輸送費自体が安くなり、生鮮品以外の品物も手軽に運べるようになった。
    以前契約していた運送会社は大手ということもあり、融通が利かなかった。
    NPKに変えてからは羽田営業所があり、担当者は日本とシンガポールに駐在、生鮮品以外にも追加品を送りたい場合や
    イレギュラー時など、順応に対応いただけて助かっている。

    イメージ
  • イメージ

    Case 4

    日本語での商品リスト作成など、担当者に依頼することが出来る。
    日本での集荷や輸出手続きはメール1つで依頼ができ、実際の集荷日程や通関日、フライト搭載日、シンガポール到着日など、全てを専任の担当者が行ってくれる為、スムーズに進むようになった。

    イメージ

Flow of available

ご利用の流れ

  • イメージ

    Step 1

    お問い合わせ

    まずはお電話・メールにてお問い合わせ。
    要望、現状の不満をお聞かせください。

  • イメージ

    Step 2

    商品の集荷・国内運送

    お客様の希望に応じてお申し付けください。

    ・商品購入後、弊社営業所もしくは倉庫まで発送いただく
    ・商品購入後、指定場所まで集荷に伺います

  • イメージ

    Step 3

    通関・輸出

    購入された商品の詳細をいただき、
    書類通関に必要な素材を作成。
    お手間がかからないようサポートいたします。

  • イメージ

    Step 4

    到着・通関

    空港ポートに飛行機が到着。
    提供を求められた場合、定められた部屋で荷物を開梱し、
    該当の品物をサンプル提供します。

  • イメージ

    Step 5

    お客様のお手元へ

    ご希望に応じて時間指定配送も承ります。

さらに、こんなことも

一箇所に集めることで輸出入処理は一回に。
荷姿を確認してから飛行機へ搭載いたします。
ご要望に応じて再梱包、パレット積みをいたします。
千葉の冷蔵倉庫で一時的にお預かり、まとめて一回で輸送。
気になること、心配事は倉庫スタッフが親身に対応いたします。
冷蔵倉庫の温度設定や日程もご相談ください。
シンガポール以外の東南アジア諸国への配送も承りますので、まずはご相談ください。

その他ご要望も随時受け付け中!
まずは気軽にお問い合わせください。

FAQ

よくあるご質問

Q. 物流コストってどのくらいなの?
100kg の輸送料金モデル  (関税、酒税、保険料等は実費の為含まれておりません)
①常温品 (弊社羽田空港からシンガポール店舗まで) 合計:約¥125,000~
②生鮮品(築地(豊洲)市場集荷→羽田→シンガポール店舗まで) 合計:約¥139,000~
③日本酒 (弊社京浜島倉庫→弊社羽田空港営業所→シンガポール店舗まで) 合計:約¥135,000~
④冷凍牛肉 (弊社羽田空港営業所からシンガポール店舗まで) 合計:約¥163,000~
Q. とにかくコストダウンしたい
使用する航空会社、輸送する日程や時間、何店舗かまとめることで料金を抑えることも可能です。ご相談下さい!
Q. 輸出入にはどんな書類が必要なの?
一般的にはAWB/ BL, INVOICE, PACKING LIST, COOなど、品物によって別途用意が必要な書類もあります!
Q. 物流会社を変えたいけど商流に不安
既存の使用書類より、商流について一から説明させて頂きます!
Q. 輸入に規制されている製品は?
日本からは生牡蠣、鶏肉、マトン、羊肉など、様々です。一概にはお答えできませんので、輸送を考えている品物はご相談ください!お調べします!
Q. パレット積みって?なんのためにするの?
パレットとは、品物を荷役・輸送・保管する際まとめて載せることができ、差込口があるためフォークリフトで移動することのできる荷役台のこと。
パレット積みとは、その荷役台に品物を均一に並べ梱包用ラップで包み1個口の荷物として扱うことを言います。
輸送中の荷崩れによる破損リスクを下げることができ、万が一破損があった場合にも、その様子からどの時点で発生したのか辿ることが容易になります。
デメリットとして、航空輸送では実際の品物重量と、占有する容積重量も輸送費の計算に使用するため、スペースの有効利用を妨げるような特殊な形状や、段積みが困難、または禁止の場合は、重量で計算した場合より容積重量が勝り、追加料金の対象となる場合があります。
Q. 酒税ってなに?
酒税は、シンガポールにお酒を輸送した際に発生し、お酒の種類によって計算方法が異なります。
日本酒720ml/ アルコール度数15%の場合は以下のように計算します。
0.72(ml) X 1 (本) X 15(%) X $88(関税率) =$9.5 酒税は$9.5
Q. お酒に適した温度管理は?
5~6度で2〜3年の保存は可能であり、さらに熟成の効果も期待できます。
また、15度前後(温度は一定)でも1年程度の保存は可能です。
ただし、以上のことは「火入れ」の済んだお酒のことでありまして、「生酒」「生貯蔵酒」など2度の火入れを行っていないお酒については、冷蔵貯蔵(5〜6度以下)が必要です。
Q. 一時的に保管はできますか?
可能です。千葉県の原木に冷蔵倉庫がありますので大量ストックが可能です。
また、2〜3日であれば空港倉庫(冷蔵・常温完備)へ保管が可能です。
Q. どんなお酒でも輸入できるの?
輸送を考えている商品の情報をお送りください。
確認し、返答いたします。